相続豆知識|ひたちなか市・東海村・那珂市・日立市で相続の悩みなら相続税の相談所、来栖会計事務所へご相談下さい

来栖会計事務所

0120-73-7732

電話受付平日 9:00~17:00

メールでのご依頼は24時間受付

ブログ

相続税申告とマイナンバー

 

平成28年1月1日以降死亡の相続税の申告には、原則、被相続人と相続人のマイナンバーを記載する必要があります。そのため、被相続人はともかく、相続人の①個人番号カードの裏表のコピー、②通知カードコピーと運転免許証のコピー、③マイナンバーが記載された住民票のコピーと運転免許証のコピーを添付することになっています。相続税の申告書は連名で名前を記載し印鑑を押し、名前の下にマイナンバーの記載欄があるので、当た...
> 続きはこちら

戸籍謄本と戸籍全部事項証明書

 

家族関係を表した書類の写しです。これまでは戸籍原本の「写し(コピー)」に市区役所・町村役場が「原本と相違ないことを認証する」と記載し、それを証明する形だったので「戸籍謄本」といわれていたのですが、役所がコンピュータ化されてきたので、最近作成されるものは、写しではなく「記載されている全部の事項が戸籍の内容と間違いないことを証明する」という意味の「全部事項証明書」という言葉が使われるようになっています...
> 続きはこちら

改製原戸籍 (はらこせき)

 

正式には「かいせいげんこせき」と読むのですが、現在戸籍と区別するために、通称「はらこせき」と呼ばれているものです。 戸籍の様式が変更されると、それまで使われていた戸籍は閉じられ、新しい様式の戸籍へと書き換えられることを「戸籍の改製」といいます。その書き換え前の原簿を「改製原戸籍(原戸籍)」といいますが、これまでも何回かの改製があり、それ以前の内容が記載されていないことがあります。そのため、変更手続...
> 続きはこちら